みなさまの「いいね」で支えられてます!
× いいね!してるよ
× 後で考えます
BriefingPaper selected from Youtube
続 愛犬と愛車への想いが過熱 → セダンをワゴンに架装

続 愛犬と愛車への想いが過熱 → セダンをワゴンに架装

ヴァーチャルからリアルへ

ヴァーチャルからリアルへ



【Nur.通信】 雨のニュルがどれだけ怖いかを同乗走行で体験


再生速度:

【Nur.通信】 雨のニュルがどれだけ怖いかを同乗走行で体験

ニュルは世界屈指の難攻コースとして知られています。ですので、自分の腕や体力では自信のない方は、プロのドライブによるサーキット・タクシーで楽しむことも可能です。とは言っても、そこはやはり過酷なサーキット。レーシングスピードに免疫のない人にとってはジェットコースターどころじゃ済まない恐怖が待っています。それでも一度スピードに慣れてしまえば、ニュルを熟知したプロのテクニックと森の中を駆け抜ける言い知れぬ爽快感を堪能できたりもします。しかし、いくらスピードに慣れてもひたすらおっかないのがウェット路面。どれだけ怖いかが本クリップの車載映像で疑似体験できます。突然の雨に見舞われても陽気に解説を続けながらアクセルを踏み続けるドライバー。映像には映ってませんが、きっと助手席のお客さんの顔は終始引きつりまくってたことでしょう…。車窓には、ところどころでアクシデントに見舞われた車両がコースサイドに佇んでいます。「自分で運転しなくて良かった」と、サーキット・タクシーを選んだのが正解であったことを確信する瞬間かもしれません。ところで見どころを変えてみると、全編に渡ってドライバーの素晴らしい危険回避テクニックを学ぶことができることに気付きます。教習所では教えてくれませんし、然るべき講習を受けないと身に付かないテクニックではありますが、映像で見ておくだけでも万一の対処に違いが出て来ると思います。挙動に対しての反応の速さと、ステリングやアクセル(音)操作にご注目ください。

Facebookでシェアする
twitterでシェアする

みなさまの「いいね」が支えです!



facebookページへ
twitterアカウントへ