いいね!お願いいたします
m(._.)m
× いいね!してるよ
× 後で考えます
BriefingPaper selected from Youtube
1969 ランボルギーニ・エスパーダ を回顧インプレッション

1969 ランボルギーニ・エスパーダ を回顧インプレッション

【痛快サウンド】 1968 マトラ MS630 至高のV12サウンド – ヴェルナスカ・シルバー・フラッグ2016

【痛快サウンド】 1968 マトラ MS630 至高のV12サウンド – ヴェルナスカ・シルバー・フラッグ2016



「日なた」と「日陰」の車内温度


facebookページへ
twitterアカウントへ
再生速度:

「日なた」と「日陰」の車内温度

すでに今年も灼熱の車内に取り残され、熱中症や脱水症にかかったり、死に至っている事故も起きています。毎年の事であっても、なぜか忘れられてしまう車内温度への認識。「ちょっとの間だったから」と事故の当事者は口を揃えます。事情があってもなるべく車内に人やペットを残すべきではありませんが、どうしても避けられない場合にはできれば日陰を選びたいものです。しかし日陰だからと安心はできません。本クリップでは日なたと日陰の車内温度を比較しています。日陰も場合によっては日なた並みの灼熱になる可能性があります。コンクリートに囲まれた立体駐車場ならまだしも、木陰やテント生地の屋根など、熱線を通しやすい場所では然程効果を期待できません。コンビニやトイレ休憩などの「ちょっとの間」でも、日陰がない場合は可能な限り乗員を全員降ろし、ペットがいる場合も交代で日陰へ連れて行くなどすることをお薦めします。冷房のためのアイドリング駐車は暑苦しくて迷惑なので極力避けましょう。

Facebookでシェアする
twitterでシェアする

動画が気に入ったら「いいね」お願いします
最新情報をお届けします!
m(._.)m



facebookページへ
twitterアカウントへ