いいね!お願いいたします
m(._.)m
× いいね!してるよ
× 後で考えます
BriefingPaper selected from Youtube
【ヒルクライム】 フィアット131も全開走行を披露! – アルペ・デル・ネヴェガル(イタリア)

【ヒルクライム】 フィアット131も全開走行を披露! – アルペ・デル・ネヴェガル(イタリア)

KPGC10 ハコスカGT-R この顔つきでドリドリされたら、ひれふす他ない

KPGC10 ハコスカGT-R この顔つきでドリドリされたら、ひれふす他ない



【ディープラーニング】 シビック タイプR 高性能に反する低次元な演出


facebookページへ
twitterアカウントへ
再生速度:

【ディープラーニング】 シビック タイプR 高性能に反する低次元な演出

「タイプR」と聞くだけで、クルマ好きのみなさんはホンダの技術の粋を結集させた「速いクルマ」と連想するのではないでしょうか?もちろん、それは単なる刷り込みではなく、事実として、FFの中では最高のハンドリングと言えますし、コーナリング・スピードもかなりのもので、新型においてもすでに世界中から絶賛を受けています。ここまでは「走り」の話。一方で、スタイルについては賛否の否のほうが割合として多く飛び交ってる傾向にあるようです。本クリップでは、タイプRに対する率直な「???」ポイントを紹介しています。ハリボテちっくな外装や子供っぽいインテリアなど、「誰が喜ぶ演出なの?」と言わざるを得ない点が多々あることがお分かりいただけると思います。玄人好みの機能美は、もはやタイプRには残されていないのでしょうか。

Facebookでシェアする
twitterでシェアする

動画が気に入ったら「いいね」お願いします
最新情報をお届けします!
m(._.)m



facebookページへ
twitterアカウントへ