みなさまの「いいね」で支えられてます!
× いいね!してるよ
× 後で考えます
BriefingPaper selected from Youtube
2km/hの差で起きる挙動の変化

2km/hの差で起きる挙動の変化

【痛快サウンド】 TOUGEを攻めるR33 スカイライン GTS-T

【痛快サウンド】 TOUGEを攻めるR33 スカイライン GTS-T



【NCAP通信】 17年でこれだけ強くなったカローラ


再生速度:

【NCAP通信】 17年でこれだけ強くなったカローラ

世界のトヨタであっても、1995年以前は衝突安全性能は二の次と思われて止む無しなクルマ造りでした。正規ディーラーでの商談で「事故を起こさなければいい」的な釈明に軽いショックを受けたのを今でもはっきりと覚えています。しかし衝突安全性能への高い要求が社会現象化されるとともに、トヨタもようやく本腰を入れ始めます。通称「GOA(Global Outstanding Assessment)」の名の下に、衝突安全ボディーへの比重を高めていきます。その後もトヨタは世界最高水準を目指すべく、衝突安全性能に磨きをかけ続けています。本クリップでは、改心直後の1998年モデルと熟成を重ねて世界最高水準に達した2015年モデルのカローラをオフセット全面衝突させ合っています。死亡事故が半減した理由の一部であることは一目瞭然です。

Facebookでシェアする
twitterでシェアする

みなさまの「いいね」が支えです!



facebookページへ
twitterアカウントへ