みなさまの「いいね」で支えられてます!
× いいね!してるよ
× 後で考えます
BriefingPaper selected from Youtube
センチュリー V12 真のポテンシャルを聴け!

センチュリー V12 真のポテンシャルを聴け!

【マニアック・ギミック】 2017 ベントレー ベンテイガ のヘッドランプ・ウォッシャーが独特

【マニアック・ギミック】 2017 ベントレー ベンテイガ のヘッドランプ・ウォッシャーが独特



釘が刺さってもなかなか空気が抜けない ミシュラン「Selfseal」の実力


再生速度:

釘が刺さってもなかなか空気が抜けない ミシュラン「Selfseal」の実力

ラジアルタイヤを産み出した「ミシュラン」は、最大の弱点であるパンクチュアとの戦いに挑み続けています。「ランフラット」や「セルフ・リペアリング」、そして現在では「セルフシール」なるものが成果として製品化されています。ご覧の通り、釘を拾ってもしばらくは何事もなく走り続けることが出来ます。鉄の如く硬いトレッド…ではなく、内部に天然ゴムのシーラントが不着しており、刺し穴を素早く塞いで空気の漏れを防ぐ、または遅らせるという仕組みです。しかし釘やボルトっていつの間にか刺さってる場合が多く、空気が抜けて初めて気付く場合がほとんどです。「セルフシール」も同様、「気付く時は抜け始めた時」な可能性が高いので、タイヤの定期点検は依然必要なようです…。

Facebookでシェアする
twitterでシェアする

みなさまの「いいね」が支えです!



facebookページへ
twitterアカウントへ