みなさまの「いいね」で支えられてます!
× いいね!してるよ
× 後で考えます
BriefingPaper selected from Youtube
【ドバイ24H】 接触によるタイヤトラブルで炎上するウラカン

【ドバイ24H】 接触によるタイヤトラブルで炎上するウラカン

ケン・ブロック、砂漠を走る

ケン・ブロック、砂漠を走る



レンジローバースポーツでインフェルノ・ダウンヒル・チャレンジ


再生速度:

レンジローバースポーツでインフェルノ・ダウンヒル・チャレンジ

スイス、ミューレンの人々によって1928年より始められたスキー・レース「インフェルノ・ダウンヒル・チャレンジ」。実に15.8kmにもおよぶコースは、アマチュアレースでは世界最長。なんと言っても、75%とも言われる勾配を落ちるように滑走する様はまさに地獄。そんな命懸けのコースを使ってプロモーションを行うと言い出したのはランドローバー。起用されたのはイギリスのレーシングドライバー、ベン。コリンズ。彼曰く「間違いなく今まで走った中で最も常軌を逸したタフなコース」と少し興奮ぎみに話す。普通の人なら絶対断りたくなるコースだが、しっかり走り切ってこの冷静なコメントとは…さすがプロ。彼も常軌を逸している。ちなみに、映像中の車両は、ロールケージとサイドウォールが頑丈なタイヤを装着している。もしレンジローバースポーツを持っていたとしても、装備なしでは決して真似をしないようにしていただきたい。(ダウンヒル開始は2:25あたりから)

Facebookでシェアする
twitterでシェアする

みなさまの「いいね」が支えです!



facebookページへ
twitterアカウントへ