みなさまの「いいね」で支えられてます!
× いいね!してるよ
× 後で考えます
BriefingPaper selected from Youtube
知ってるようで知らない F50 の深み

知ってるようで知らない F50 の深み

【続々々報】 フェラーリ・エンジンを積んだ86が本意気のドリフトを披露

【続々々報】 フェラーリ・エンジンを積んだ86が本意気のドリフトを披露



■DEEP LEARNING■ メディアが教えてくれない 2019 キア K900 のあれこれ


再生速度:

■DEEP LEARNING■ メディアが教えてくれない 2019 キア K900 のあれこれ

今回はなんと キア K900 の登場です!「し~~~ん…」?え?無反応ですか?何それ?って感じですか?無理もありません。日本では正規輸入されてませんし、正規販売されているアメリカや中東でさえも「K900?は?」って反応が多数といった感触。日本で「三菱 ディグニティー」って放った時の反応と同程度かもしれません。簡単に説明すると、韓国キア社のフラッグシップ・セダンで、レクサス LS や ベンツ Sクラス などと同等のサイズ感です。欧州メーカーからデザイナーを熱心に引き抜くなどの努力により、デザインで世界的に好評を受けている韓国車だけあって、内外装ともにハイセンスで見映えはなかなか良いです。が、乗り心地に関しては…10年前の日本の高級車…といったレベル。しかし、今は見向きもされない K900 ですが、次のモデルあたりでググっと躍進するのでは…という伸び代を感じずにはいられません。すでに、停まっている分にはドイツ勢にも負けない雰囲気を持ってるいるのは間違いないので、足回りさえ良くなれば、本質で判断する賢い人たちが振り向き始めるかもしれません。今回もオーナーになってみないと分からないマニアックなポイントが満載。メディアがつつかないディープな K900の裏側をお楽しみください。

Facebookでシェアする
twitterでシェアする

みなさまの「いいね」が支えです!



facebookページへ
twitterアカウントへ