みなさまの「いいね」で支えられてます!
× いいね!してるよ
× 後で考えます
BriefingPaper selected from Youtube
GT3はオンロード用と思ってたりしませんか?

GT3はオンロード用と思ってたりしませんか?

■懐旧リビュー■ 1959 マセラッティ ティーポ 61

■懐旧リビュー■ 1959 マセラッティ ティーポ 61



■Nur.Rep■ MX-5(ロードスター)の追い上げに 911 GT-3 もギャフン


再生速度:

■Nur.Rep■ MX-5(ロードスター)の追い上げに 911 GT-3 もギャフン

ニュルに限った事ではありませんが、走行会などでは見た目で判断すると痛い目に遭う事がしばしばあります。その最たる要因は「エンジン・スワップ」。本来非力なクルマに大パワーを積んじゃうやつです。優しい顔して規格外な速度で迫って来たりするので、チャリの老婆が追いかけて来るくらいビックリさせられます。で、本クリップはそんな状況の一例です。北コースに入って行くのは 91年製の マツダ MX-5(ロードスター)。素の状態なら 114hp の直4 1.6L が載るモデルになります。前を行くのは ニュル・キング の ポルシェ 911 GT-3  RS。この顔がミラーに映ったら誰もが道を譲る市販車最速級のマシンです。当然、あっさり置いてけぼりを喰らうでしょうし、GT-3 のドライバーも眼中に入れてなかったんじゃないかと思われます。が、走れど走れど、MX-5 のオンボード映像には 911 が映りっぱなしです。クリップの冒頭でネタバレしてますが、 MX-5 には GM製の 3.6L V6 の LFX エンジンが詰まれています。MX-5  ドライバーの熟練テクニックも相まって、金にモノを言わせて(ひがみ?)にわかスピードキングを気取る直線だけ早い 911 を追い詰めます。ハイパーカーの右ウィンカーはなんとも胸がスカっとしますね。(スカッとしたいだけの人は3:45あたりから)

Facebookでシェアする
twitterでシェアする

みなさまの「いいね」が支えです!



facebookページへ
twitterアカウントへ