みなさまの「いいね」で支えられてます!
× いいね!してるよ
× 後で考えます
BriefingPaper selected from Youtube
巨橋建設の現場観察 5選

巨橋建設の現場観察 5選

【DTM】 懐かしのツーリングマシンが大集結!

【DTM】 懐かしのツーリングマシンが大集結!




再生速度:

60年代、米国内で燃費と故障の少なさで地位を得た日本車。しかし真面目過ぎた分、平凡で面白みに欠けるとの評価が「日本車」のイメージとして定着しつつありました。そんな風潮を打開しようと、日産は小型ロードスターを投入しますが、非力が祟ってヨーロッパ車の陰に隠れてしまいます。トヨタも2000GTを発表しますが、大衆が喜ぶ値段ではなかったため幻のような存在になってしまいました。しかし1969年10月に行われたニューヨーク・オート・ショーで事態は一変します。そこに登場した一台の日本車が米国民の目を輝かせます。そう、ダットサン 240Z の登場です。ジャガー E-タイプ、C3 コルベット、マスタング、フェラーリ デイトナなど、様々な名門スポーツのエミュレートを感じるデザインではあったものの、中身のともなった日本車初のスポーツカーであり、リーズナブルな価格と相まって大成功を収めます。現代で言えば、佐藤琢磨選手に匹敵する大偉業を成し遂げたと言えるかもしれません。

Facebookでシェアする
twitterでシェアする

みなさまの「いいね」が支えです!



facebookページへ
twitterアカウントへ